【アジアンのススメ】「ジムトンプソンズ テーブル タイランド横浜」実食レポート

おすすめ
【アジアンのススメ】「ジムトンプソンズ テーブル タイランド 横浜」実食レポート
スポンサーリンク

TAMMY
TAMMY

タイ料理はお好きですか?

大好き!!という方もいらっしゃれば、あの香草の香りがちょっと…という方もいらっしゃることでしょう。

先日、今年の4月23日にオープンした「Jim Thompson’s Table Thailand YOKOHAMA(ジムトンプソンズ テーブル タイランド 横浜)のランチタイムに行ってまいりましたので、アジアン料理大好きTAMMYがレポートしたいと思います。

※訪問したのは6月末のため、現在の様子とは一部異なる可能性がございます。

スポンサーリンク

「ジムトンプソンズ テーブル タイランド 横浜」の基本情報

店名Jim Thompson’s Table Thailand YOKOHAMA
読み方じむとんぷそんず てーぶる たいらんど よこはま
住所神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-15 CRANE YOKOHAMA 8階
電話番号045-577-0950
駐車場なし
営業時間平日
LUNCH 11:00~15:00(LO14:00)
DINNER 17:00~23:00 (LO22:00)

土日祝日
LUNCH 11:00~16:00(LO15:00)
DINNER 17:00~23:00 (LO22:00)
定休日年末年始
決済方法クレジットカード可(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)
電子マネー・QRコード決済不可(2022年6月26現在)
各種WEB公式HP食べログ一休レストラン

「ジムトンプソンズ テーブル タイランド 横浜」はどこにある?

横浜駅西口を出て、鶴屋町方面に進みます。川を渡って磯丸水産を右に曲がれば、TAMMYのおすすめ(中華街の本店ですが)「京華楼」や、横浜の人気店「ザ リゴレット オーシャン クラブ」を構えるCRANE YOKOHAMAビルがあります。

どのフロアにも人気の飲食店が入っています。

エレベーターで8階まで上がると、グリーンが印象的なサインが目に飛び込んできます。

いざ入店!店内の雰囲気は?

入口で検温と手指の消毒を済ませ、早速お店に入ります。

店内は、シックとカジュアルのバランスが整ったインテリアでまとめられていて、ゆったりと食事を楽しむことができます。

目の前の窓から外の景色を望む明るいカウンター席。

テーブルごとにアクリル板が固定されていました。

充実のランチセレクトブッフェを堪能

同店では、2022年7月15日現在、ランチタイムにはア・ラ・カルト対応はしておらず、「〝ごちそう〝ランチセレクトブッフェ」と題するセミブッフェを提供しています。

7月4日からは、ちょこっと値上げをしたですが、その分ブッフェの温菜・冷菜・デザートなどをグレードアップしたそうです。

料金メイン料理ソフトドリンクアルコールドリンク
2,300円
(税込)
6種1択各種+300円
マンゴー、ライチ、パイン、グレープフルーツ、オレンジ、
ジンジャーエール、ペプシコーラ、アイス烏龍茶、アイス茉莉花茶、コーヒー、紅茶
各種+500円
ザ・プレミアムモルツ〝香るエール〝、グラスワイン(赤・白)、グラススパークリングワイン
2022年7月4日からの料金表です

ご案内されたテーブルには、このようなセットがされていました。

セミブッフェのラインナップは?

早速ブッフェ台に向かいます。

お水とブッフェに含まれる日替わりのアジアンティーです。この日はオーガニックピーチジンジャーティーでした。

さあ、コーナーを曲がるとお料理が見えてまいりました。

スープから始まり、温菜、冷菜、デザートが並びます。

TAMMYの大好物 ガイヤーン

隣の席におられたご婦人は、「ブッフェに鶏があるなら、メインを違うものにすればよかった…」とこぼしておりましたが、TAMMYは「チキン×チキン」で問題ございません。むしろウェルカム笑。

あんかけ揚げビーフン。

揚げワンタンと豚肉のハーブ和え。タイ料理って、本当にハーブの使い方が上手ですよね。まあ、それがタイ料理の好き嫌いを分かつ原因でもあるのですが。

続いては、ソムタムとTAMMYの大好物 ヤムウンセン。ブッフェ台の並び的に、できれば冷菜をスタート地点の近くに配置いただけるとありがたいかな、と。

ここらで一度席に戻ることにしましょう。

なんともセンスのない盛り付けで恐縮です。

ブッフェのお料理をいただいている間に、メイン料理が運ばれてまいりました。

メイン料理はどんな感じ?

チキンラバーのTAMMYは迷うことなくカオマンガイを。鶏ももの1枚肉をそのまま使うのではなく、ロール状にしたものをスライスしてあり、お上品な佇まい。

こちらは夫氏チョイスのパッタイ。こちらも品のよい味付けとなっておりました。

意地汚いTAMMYは、大好きなガイヤーンとヤムウンセンを2回づつおかわりしたところで、そろそろ満腹アラームが…。

みんな大好きデザートは?

ここで、デザート全景を撮り忘れるという、痛恨のミスを。

数種類のフレッシュフルーツの他には、具材を選べるココナッツミルク。

TAMMYは、ナタデココと白玉団子をチョイスしましたが、この他にも、タピオカ、小豆などもラインナップしていました。いくつチョイスしても構わないので、お好みのココナッツミルク汁粉を作っちゃってください。

そんなこんなで、前菜からスープ、メイン、デザートにいたるまで、存分にタイ料理を楽しませていただきました。

ジムトンプソンのグッズは購入できるの?

そう、忘れるところでした。

ここはジムトンプソンのレストラン。エントランスからダイニングエリアへ通じるレセプション&キャッシャーエリアには、スカーフやバッグ、ネクタイなど、素敵なジムトンプソン商品が多数陳列されており、もちろんご購入可能です。

まとめ

なんだかんだで、まだ海外旅行に出かけるにはちょっとハードルの高い昨今。タイレストランで、アジアンリゾートの風を感じてみてはいかがでしょうか。

それでは今日はこの辺りで!

またお読みいただけますことを楽しみにしております。

「ジムトンプソンズ テーブル タイランド 横浜」の情報を

食べログでチェックする

一休レストランでチェックする

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府または自治体独自での緊急事態宣言の発出や不要不急の外出自粛要請、店舗の休業や営業形態・営業時間の変更をしている場合があります。お出かけの際は、各種報道機関の発表、店舗や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、本記事は、いかなる情勢においての外出を推奨するものではございません。外出の際はしっかりと感染予防対策をした上での行動をお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました